人と自然の共生の智恵をつなぐ

対馬里山繋営塾 TSUSHIMA SATOYAMA KEIEIJUKU


 
   
          
 
   
     
     
  二千年にわたる稲作の歴史を持つ対馬市志多留地区。美しい里山の風景が広がっています。
ところが今、過疎高齢化によって、かつての水田は放棄され、大部分が藪と化しています。
二千年間育まれてきた人の営みと、自然との共生の智恵が、今、途絶えようとしているのです。
 自然とともにあった人の営み。
  結果としてそこにすまうたくさんの生き物たちの息吹。
   その記憶と智恵を後世に繋ぐために…
   
    志多留に住み着いてしまった白鳥さん。ご飯やパン、時にはお刺身ももらいながら、悠々自適な暮らしを送っています。志多留の情報通「白鳥さん」のTwitterです。  
 
 

 
     
対馬里山繋営塾 つしまさとやまけいえいじゅく

〒817-1533 長崎県対馬市上県町志多留208
Tel/Fax: 0920-85-1755
Email: m-kawaguchi@mit.or.jp
→対馬里山繋営塾について
→田んぼのオーナー制度
→活動拠点:志多留地区について →商品紹介
→農業の取り組み →アクセス
→活動内容 →お問合せ
Copyright© TSUSHIMA SATOYAMA KEIEIJUKU. All Rights Reserved.
ロゴ・イラスト:重原奈津子 構成:川口幹子